知っていますか?応急手当

さまざまな外傷・やけどの応急手当 (その2)

最近、私たちの周りには天災、人災に関わらずあらゆる災害が起こっています。 いざという時、慌てずに周りの人と協力して救急処置にあたれるよう、「いざというときのための応急手当」を確認しましょう!

Q1 動物に噛まれた時は?
 噛まれた部分の皮膚がはがれていない時には、水道
水と石けんでよく洗った後、消毒液でよく消毒し、ガーゼ
で覆ってください。消毒液は、医師が詳しく傷を観察で
きるように、ヒビテン液やオキシドールなど色のつい
てない透明なものを使います。
皮膚がはがれていたり、
出血がある時には、その部分をよく水で洗って消毒し、清
潔なガーゼか布で覆います。傷の腫れが酷い時は、冷た
いタオルか氷のうで冷やします。
 かみ傷は、たいしたことがなさそうでも傷が深いことが
多く、動物から細菌などが感染するおそれもあります。
必ず医師の診察を受けてください。
動物に噛まれた時の手当
Q2 毒蛇に噛まれた時は?
 毒が全身に広がらないように安静にします。噛まれた
部分よりも少し心臓に近いところに、血管が浮き上が
る程度に軽く止血帯をかけます。

 傷口に口を当て毒液を吸いとって吐き出します。
イフやカミソリがあれば、傷口を切り開きヘビの毒を血液
と一緒に吸いとります。
 以上の手当を行った後は一刻も早く医療機関へ連れ
ていくか、救急車を呼んでください。
毒ヘビに噛まれた時
Q3 ハチ・毒ガなどに刺された時は?
 ハチ、毒ガ、毛虫などに刺された時は、毒針や毒毛が
皮膚に残っていることがあります。毛抜きを使いそっと
取り除くか、セロテープを貼り毒針や毒毛を取ります。
刺された周囲を強く押したり口で吸って、中の毒を
抜きます。吸い出した毒液は必ず吐き出します。

 水道の水で虫に刺された部分をよく洗い流します。
患部にかゆみ止め軟膏を塗って、冷たいタオルなどで
冷やします。手当をした後は、必ず医師の治療を受け
てください。
ハチ・毒ガなどに刺された時

*このページの先頭へ