知っていますか?応急手当

いざという時のために・・・B

最近、私たちの周りには天災、人災に関わらずあらゆる災害が起こっています。
 いざという時、慌てずに周りの人と協力して救急処置にあたれるよう、さまざまな応急手当を確認しましょう!

Q1 出血を止める方法は?
 出血している場合は、早めに止血することが重要です。とりわけ、大量出血の場合は命にかかわりま
すから、急いで止血を試みましょう。止血の方法には、傷口に直接ハンカチやガーゼなどを押しあてる
「直接圧迫止血法」と傷口の心臓に近い側の動脈(止血点)を圧迫する「止血帯法」「間接圧迫止
血法」
などがあります。 直接圧迫止血法の方が簡単で確実な方法ですが、出血が多いときは直接圧
迫止血法と併用して間接圧迫止血法(止血帯法)を行うと効果的です。なお、ティッシュペーパーや脱
脂綿
を用いての直接圧迫止血は、かえって傷口の組織を傷めることになるので避けましょう。また、止
血を行う時は、感染防止のため血液に直接ふれないようにビニールやゴム手袋を利用したり、ビニール の買い物袋を使用しましょう。

 <直接圧迫止血法>
  何重かに折り曲げたガーゼもしくはハンカチを患部にあてがい、手でしっかり圧迫します。大きな血管
  から出血しており、片手で圧迫しても止血できない時は、両手で体重を乗せながら圧迫止血をします。
  また、押さえているガーゼやハンカチに血がにじみ出てくるような場合は、新しいものに変えるのでは
  なく、汚れたその上から別のものを重ねるようにして圧迫しましょう。手足からの出血であれば心臓よ
  り高い位置に持ってくると止血しやすくなります。
直接圧迫止血法

 <関節圧迫止血法>
  四肢や顔面などからの出血をしている場合に、出血部位よりも心臓に近い部分(止血点)を手や指で
  圧迫して止血する方法です。この時、出血部位を直接圧迫することを同時に行うと効果的です。
関節圧迫止血法

 <止血帯法>
  手足の出血で、直接圧迫、間接圧迫、あるいは両者の併用でも出血がひどくて止まらない場合や、
  搬送する時に止血帯を用いなければ止血できない場合にかぎって用います。けっして安易に用いて
  はいけません。
  止血帯はできるだけ幅5cm位のものを用い、出血している部位より心臓に近い部分(上腕、大腿)で
  ゆっくりしめて、止血できたらそれ以上きつくしめてはいけません。また、30分以上止血帯を続行しな
  ければならない場合は、30分に1回緊縛を徐々に緩めて血流の再開を図ります。
止血帯法

*このページの先頭へ