健康・福祉ミニ知識


健康

■■■ 病気につながる睡眠時無呼吸症候群 ■■■
 数年前からよく耳にするようになった「睡眠時無呼吸症候群」。10秒以
上の無呼吸(呼吸が止まること)が1時間に5回以上または7時間の睡眠
中に30回以上ある場合に診断されます。
 睡眠時無呼吸症候群では、睡眠不足となるほか、意外にも生活習慣病
と密接な関係があります。無呼吸による酸素不足は、体が一生懸命全身
に血液を送ろうとするので、高血圧を引き起こす原因にもなります。また、
血糖値を下げるホルモンは、睡眠不足によって効きが悪くなってしまいま
す。睡眠時無呼吸症候群の治療をすることにより、高血圧や糖尿病の症
状が改善された場合も少なくありません。
 睡眠時無呼吸症候群は、空気の通り道である気道が、首の周りの脂肪
や舌が落ち込むことなどによって塞がれてしまうために起こります。睡眠
中いびきをかく、朝起きたときに頭痛がする、昼間の眠気が激しい、夜中
何度もトイレに行くなど、思い当たる症状のある方は一度お医者さんに相
談してみましょう。
 検査は、入院して行う終夜ポリグラフィー(PSG)と自宅でも行えるより簡
便な検査があります。どちらも痛みを伴わず、また保険適応なので安心し
て受けられます。
 治療は、重症度によって違います。中等症〜重症の方には、生活習慣
の改善に加えて「CPAP(シーパップと読みます)」という機械が有効です。
日本語では「経鼻的持続陽圧呼吸療法」といいます。睡眠中に鼻にマス
クをつけ、そこから空気の圧をかけることにより、気道が塞がれるのを防
ぎます。現在、治療の第一選択となっています。こちらも保険が適応され
ます。
 この病気は、自分では気づきにくいことも多いので、いびきを掻いていた
ら周りの人が教えてあげることも大切です。たかがいびき、いつもの昼間
の眠気…と思わず、その背後に病気が隠れていないか考えてみましょう。
*

福祉

■■■ ロコモティブシンドロームとは ■■■
−これからも自分の足で元気に歩いていくために−
*  ロコモティブシンドローム(運動器症候群)とは、骨や関節、筋肉などの運
動器に障害が起こり、「立つ」、「歩く」といった機能が低下している状態を
いいます。近年注目され始めた用語で、略して「ロコモ」とも呼ばれていま
す。ロコモを放っておくと、将来、介護が必要になる危険性が高くなります。
 いつまでもいきいきと自分の足で歩き続けていくために、運動器を長持ち
させ、ロコモを予防することが大切なのです。

「思い当たることはありませんか?7つのロコモチェック」
 @ 片脚立ちで靴下がはけない
 A 家の中でつまずいたり、すべったりする
 B 階段を上がるのに手すりが必要である
 C 掃除機の移動や布団の上げ下ろしなど、家の中のやや重い仕事が
  困難である
 D 2kg程度(1L牛乳パック2個程度)の買い物をして持ち帰るのが困難
  である
 E 15分くらい続けて歩くことができない
 F 横断歩道を青信号で渡りきれない
 もし、ひとつでも当てはまる項目があれば、運動器の衰えを考える必要
があります。

「ロコモにならないために」
 @ 継続して運動に取り組む
   運動習慣の有無によって、ロコモの進行は大きく変化します。プール
  やウォーキング、ラジオ体操など、関節にあまり負担をかけず、筋力を
  鍛えるスポーツがお勧めです。また、自宅で簡単にできるスクワットや
  ストレッチなども効果があります。無理をせず、自分のペースで継続的
  に続けることが大切です。
 A 食生活を改善する
   運動能力の低下を防ぐには骨と筋肉を強くすることが大切です。骨の
  強化にはカルシウムだけでなく、ビタミンDやビタミンKを合わせて摂ると
  効果的です。ビタミンDは鮭などの魚やキノコ類に、ビタミンKは納豆や
  青菜に多く含まれています。逆に、カルシウムの吸収を妨げる塩分やカ
  フェインの摂り過ぎには注意しましょう。
   また、筋肉量を増やすためにたんぱく質の摂取も欠かせませんが、動
  物性たんぱく質(肉、魚など)と植物性たんぱく質(大豆製品)をバランスよ
  く摂りましょう。
 B 適正体重を維持する
   過剰な体重は、ひざや腰に負担をかけます。関節軟骨は一度すり減る
  と、修復が難しい部分です。一方、やせ過ぎも注意。骨や筋肉が弱くな
  ってしまいます。適正体重の維持を心がけましょう。
   ※適正体重…BMIが18.5以上25.0未満
            [BMI=体重(s)÷(身長(m)×身長(m))]

 ロコモティブシンドロームは、高齢者の問題ではありません。予防のため
には、予備軍といわれる40歳代以前からの生活習慣が重要です。これか
らの人生をより楽しめるように、ロコモを意識した生活を心がけてみてくだ
さい。
バックナンバーはこちらです。見たいところをクリックしてください。

※ 別窓で開きます。見終わったら閉じるボタンで閉じてください ※

*このページの先頭へ