健康・福祉ミニ知識

健康

■■■  夏を健康に過ごすには  ■■■
〜知っておきたい夏バテ予防のポイント〜
 夏になると、暑さに体温の調節がうまく働かず、熱帯夜で睡眠不足が続いたりすると、全身がだるい、ボーっとして気力がわかない、食欲がないなどの症状が現れます。これがいわゆる「夏バテ」です。
 ●夏バテ予防のポイント●
   夏バテ予防には、暑さに負けない身体作りと食欲不振からくる
  栄養素不足や水分のとりすぎによる胃腸障害などの解消が予防
  の中心になります。
 @ 食事抜きは夏バテのもと。1日3回きちんと食べる。
   たんぱく質(肉・魚介類・大豆製品・乳製品)や糖質(ご飯・めん
  類)ビタミン、ミネラル(野菜・果物・海藻)をまんべんなくとりまし
  ょう。また、食欲を刺激するために酢や柑橘系の果物、香辛料、
  香りの強い野菜を使うのも良い方法です。
 A 飲み過ぎないよう適量な水分をとる。    食欲がなく弱りがちの身体に、冷たいもののガブ飲みは禁物
  です。体力消耗の原因となりますので、水分の多い果物や野菜
  (スイカ・きゅうり・トマト)、牛乳などを控えめにとりましょう。
 B 疲れがたまったら、早めにリフレッシュする。    熱帯夜で寝不足の日は、昼寝などをしてその日のうちに睡眠
  を補います。(クーラーの効きすぎた部屋ばかりで過ごすと余計
  に体の疲れが抜けなくなります。)  C クーラーにあたりすぎない。    暑いからといって、クーラーで冷えすぎた部屋に閉じこもると、
  かえって外の温度差に適用できず、体力が低下します。外との
  温度差は5℃以内にし、タイマーや扇風機を上手に使って室内
  の温度を下げすぎないようにしましょう。また、少しの時間でも
  外へ出て、体を暑さに慣らし、気分のリフレッシュをはかるよう
  にしましょう。  
*

福祉

■■■ すこやかな眠りは枕から ■■■
*  私たちの生活の約3分の1は睡眠時間です。病気になったり、高齢で床
につくことが多くなるとその時間はもっと延びます。長い時間を共に過ごす
ことになる枕や布団、これが案外体調に影響することになります。
 “お気に入りの枕しか眠れない”とはよく聞く言葉です。慣れない高さ、
堅さの違いでかえって疲れを招くことになりますが、正しい枕の選び方を
覚えておきましょう。
 枕は、寝た時に首の位置を安定させるためのものです。無理なくリラッ
クスした姿勢が取れることが大切です。高すぎても低すぎても首や肩に
負担がかかります。
 「枕が低すぎると・・・」
  ● いびきをかきやすくなる
  ● 血圧が上がる
  ● 首がこる
 「枕が高すぎると・・・」
  ● 眠りが浅くなる
  ● 肩や首がこる
  ● いびきをかきやすくなる
 人が立った時の姿勢をそのまま寝た姿勢にするのが、正しい枕の位置
です。頭や首の隙間をうまく埋められるよう形を工夫させることが必要です。
素材や柔らかさはそれぞれ好みに合わせましょう。

*このページの先頭へ