組織概要
Profile

ご挨拶

 JA兵庫厚生連は、昭和34年にJA共済加入者を対象とした胸部レントゲン車による『巡回診療』からスタートしました。その後、県内各市町において県内各JAおよび各連合会のご支援・ご協力により、全県的に循環器検査を主体とした町ぐるみ健診活動を展開し、昭和54年10月1日に健康管理専門連合会としてJA兵庫厚生連が設立されました。
 現在は、県内の約30市町の特定基本健診(町ぐるみ健診)と県内14JA各連合会を含めた約120の事業所健診を受託し、年間に約10万人を超える健診活動を行っています。
 又、合わせて、生活習慣病の予防や健康意識の向上を図るために特定保健指導や健康・料理教室等の健康増進活動も幅広く行っています。
 これからも、県内組合員ならびに地域住民の皆様方の健康で豊かな暮らしを守るため、日々の健診活動や特定保健活動、健康増進活動に取り組んでまいりますので、皆様方のなお一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。

兵庫県厚生農業協同組合連合会
代表理事常務 寺 田 二三彦



役員

代表理事会長 福 本 博 之
代表理事常務 寺 田 二三彦
理  事 山 本  潔
理  事 小 紫 康 正
理  事 上 野 智 也
理  事 太田垣 哲 男
代 表 監 事 岩 坂 嘉 
監  事 藤 原 昌 和

JA兵庫厚生連理念

 JA兵庫厚生連は、JA綱領のもとに保健・医療・高齢者福祉活動を通じ、組合員・地域住民の「生命」と健康な暮らしを守り、ゆたかな地域づくりに貢献します。

行動目標

  1. 私たちは、保健・医療・高齢者福祉に携わるものとして、常に人間性を磨くとともに知識と技術の修得に努めます。
  2. 私たちは、地域のニーズを尊重し、親切で安全・良質な保健・医療・高齢者福祉サービスの提供に努めます。
  3. 私たちは、組合員・地域住民の負託に応えるため、健全な経営・運営に努めます。
  4. 私たちは、地域活動を積極的に推進し、地域の信頼を高め地域連携に努めます。
  5. 私たちは、JAとともに健診活動・健康教育(相談)を通じ組合員・地域住民の健康管理に努めるとともに、JAの健康管理活動の発展に努め、地域における保健衛生の向上に努めます。
  6. 私たちは、良質で安全な医療と温かな看護に努め、地域における安心で健康な生活の支援に努めます。
  7. 私たちは、JAとともに高齢者福祉活動を推進し、高齢者の自立・生きがいづくりの支援に努めます。

概要(令和3年4月1日現在)

名称 兵庫県厚生農業協同組合連合会(愛称:JA兵庫厚生連)
*公的医療機関(医療法第31条)
*特定健診・特定保健指導機関(機関番号:2820700017)
一般財団法人 日本成人病予防会兵庫県支部
所在地 〒650-0024
神戸市中央区海岸通1番地 兵庫県農業会館4階・5階
設立年月日 昭和54年10月1日 設立
会員数 17会員(14JA・3連合会)
出資金 5億円
役職員数 役員 8人(理事6人、監事2人) 職員 61人
事業区域 兵庫県一円
事業の種類 農業協同組合法にもとづく「医療」・「保健」・「老人の福祉」に関する事業
事業内容
  1. 健診活動
    • 特定基本健診(町ぐるみ健診)
    • 事業所健診(定期健康診断)
    • 生活習慣病予防健診(協会けんぽ管掌)
    • 大腸検診
    • 骨粗しょう症検診
    • 前立腺検診
    • 肝炎ウイルス検診
    • 腹部超音波検診
    • 胸部検診
    • 喀痰検査
    • 胸部精密検診(胸部CT検査)
    • 胃部検診
    • 胃の健康度チェック(ABC検診)
    • 認知症検査
    • 血圧脈波検査
    • VDT検診
    • 頸部超音波検査
    • ストレスチェック検査
    • 腫瘍マーカー検査
    • 睡眠時無呼吸検査
    • 甲状腺機能検査
    • 口腔、歯科検診
    • 風しん抗体検査
    • マンモグラフィ検査
  2. 医療活動
    • 診療所
    • 人間ドック、脳ドックの紹介
  3. 特定保健指導、健康増進活動
  4. 高齢者福祉活動

沿革

JA兵庫厚生連のあゆみ

昭和54年度
  • 10月1日に兵庫県厚生農業協同組合連合会(健康管理専門連)を設立
  • 農協役職員を対象にした定期健康診断を開始
昭和55年度
  • 農業会館診療所を開設
昭和57年度
  • 老人保健法による一般健康診査を開始
昭和58年度
  • 兵庫県農協婦人組織協議会から、県内農協婦人部による100円募金運動により健診車「しあわせ号」および健康教育用器具の寄贈を受ける
昭和59年度
  • 公益法人等として、法人税等の非課税団体となる
昭和61年度
  • 町ぐるみ健診判定基準審議委員会を設置
昭和63年度
  • 町ぐるみ健診(巡回一日健診を含む)の受診者が延べ100万人を突破
平成元年度
  • 厚生連創立10周年を迎える
平成5年度
  • 農業会館診療所検査室を設置
  • 兵庫県JA健康管理委員会を設置
平成7年度
  • 町ぐるみ健診(巡回一日健診を含む)受診者が延べ200万人を突破
平成11年度
  • 厚生連創立20周年を迎える
  • 総合健診システムを稼働(厚生連、兵庫県健康財団、姫路市医師会)
平成14年度
  • 町ぐるみ健診(巡回一日健診含む)の受診者が延べ300万人を突破
平成17年度
  • プライバシーマークを取得(以降2年ごとに更新)
平成21年度
  • 厚生連創立30周年を迎える
  • 胃・胸部検診車を整備し、協会けんぽから「生活習慣病予防健診実施機関」の認定を受ける
平成23年度
  • 兵庫県と「がん検診受診率向上推進協定」を締結
  • 町ぐるみ健診(巡回一日健診含む)の受診者が延べ400万人を突破
平成26年度
  • 兵庫県立高等学校(教職員・生徒)健診を開始
  • JA役職員フォローアップ健診を開始
令和元年度
  • 厚生連創立40周年を迎える
令和2年度
  • 町ぐるみ健診(巡回一日健診含む)の受診者が延べ500万人を突破

組織図

組織図

事業実績(健診結果報告書より)

特定基本健診(町ぐるみ健診)

定期健康診断